診療科目ICU、麻酔科ひと言アドバイス科学的根拠に基づいたEvidence Based Medicineを行う。
外科医の善し悪しは麻酔科医と集中治療医が一番良く知っています。
診療科目アトピー性皮膚炎・癌治療・喘息・アレルギー性鼻炎ひと言アドバイス1.今までの病歴、薬歴などをメモにし、医者からの質問には端的に答えられるようにしていただきたい
2.治療についての希望があれば、(例えば、漢方療法 0r 西洋薬/ステイロイド薬 or 非ステイロイド薬)必ず初診時に 話をしていただきたい。
診療科目インプラント・矯正歯科 ・審美歯科ひと言アドバイス
診療科目インプラント科、口腔外科、矯正歯科、歯科
その他
ひと言アドバイス私たちは、皆様がすばらしい人生を送っていただけるために、お口の健康をサポート
するスペシャリストと自負しております。
診療科目うつ、適応障害、摂食障害など精神科全般 身体面の対応も得意ですひと言アドバイスマンガで分かる 「はじめての診察」 受診を考えているけど、はじめての受診が、どう行われるのか不安…。そう思う方は多いものです。実際、気持ちが落ちてしまっているほど、はじめての場所に行くのは不安に感じるものです。そんな方のために、最初の診察の流れをマンガで説明いたします。http://yucl.net/hajimete
診療科目そくわん症外来(また側弯症外来には全国から患者が訪れています。)ひと言アドバイス「手術を受け、現在40歳以上になるみなさんは、ぜひ、この機会に検診をうけ、今後とも、変性変化を定期的にチェックすることを強くおすすめします。」
診療科目ペインクリニック,内科,循環器科,
リハビリテーシ
ひと言アドバイス痛みから解放され、「人生が変わった」と言ってくださる患者さんがおおぜい。
いらっしゃいます。もう直らないからとあきらめずに、一度当院にご相談ください。
診療科目メモリークリニック、緩和ケアセンター、漢方クリニックなどの院内諸部門、さらには日本最大の同窓会所属診療機関などと連携して、患者さんとご家族にとって最適、最高の治療を目指しています。ひと言アドバイス患者さんにとってかかりつけ医療機関が通院に適切な場合、当院からかかりつけ医療機関の紹介をおこなっています。当院ではかかりつけ医療機関と継続的かつ緊密な連携をおこない、患者さん一人ひとりの症状に合った適切な医療を提供します。
診療科目胃腸科、麻酔科、内視鏡による治療 (内視鏡的ポリ−プ切除術、内視鏡的粘膜切除術)ひと言アドバイスクリニック開設後、22年間の内視鏡実績は、大腸内視鏡検査は6万5千例、胃・十二指腸内視鏡は3万8千例 (総検査数102、969例 )と本邦では他施設の追随を許さない群を抜いた症例数を誇ります。  特に大腸内視鏡に関しては、99%以上が盲腸までの挿入、観察がなされ、かつ数多くの内視鏡的治療がなされて おり、質の高さを示しております(切除したポリ−プ数2万個、ガン1、000例)
診療科目胃腸内科 内科 内視鏡内科 消化器内科ひと言アドバイス私の理想の医師の姿は、「患者さんの相談役のような形でずっと傍に寄り添う主治医」です。
診療科目一般歯科 小児歯科 矯正歯科ひと言アドバイスご自分のお口の中を健康にし、そしてそれを長期間にわたり維持していくには、
歯科医師と患者さんの両方が協力しあうことが何より大切です。
診療科目一般内科ひと言アドバイス1.薬は最小限で、日常の生活(運動、食事療法)を今一度見直しましょう!
診療科目外来診療は、予約制になっておりますが、予約がない方でも受診が可能です。セカンドオピニオンをお聞きになりたい方も、受診して頂けます。 ひと言アドバイス最大の手術効果を低侵襲に安全な方法で引き出すという方針で日夜心臓血管外科の診療にあたっています。今まで高齢、重症のために、無理といわれてきた心臓血管外科手術もかなり安全に可能になりつつありますので、是非お気軽にご相談頂ければ幸いです。
診療科目漢方薬などの東洋医学をベースとした治療、機能性食品や電子機器治療、点滴・栄養療法、温浴療法、整膚などを用いた統合医療にも積極的に取り組み、すべての世代の方に優しい医療の構築を目指しております。ひと言アドバイス当院では、超高濃度ビタミンCの点滴療法をおこなっています。 超高濃度ビタミンC療法は、点滴で超高濃度のビタミンCを静脈注射する療法です。
診療科目緩和医療、ペインクリニック、麻酔学ひと言アドバイス何でも話してみて下さい。
診療科目眼科ひと言アドバイス医者を選ぶ時は、医者の患者さんへの愛情があるかどうかを見極めて下さい。医者
と患者の関係は、友人や恋人、恩師、上司、身内などの関係と同じだと私は考えています。口先だけの先生、医療について熱意のない先生などは誰が見てもわかります。先生の話術や病院の綺麗さ、どうでもいいサービスに惑わされないで下さい、そんな事で病気は治りません。

当クリニックのこの1年間で網膜はくり、網膜裂孔が見つかった患者さんが合計で6〜7名いました。飛蚊症(虫のようなものが見える)や光視症(光が見えた)の症状がある方は、一度近くの眼科にて眼底検査を受けて下さい、網膜はくりなどの初期症状として上記の症状がでますので。
診療科目眼科ひと言アドバイス些細なことでもお気軽に御相談下さい。
御年配の方は緑内障や糖尿病・高血圧等による眼底出血など、自覚症状のない
病気に関して定期検査をお勧めします。
診療科目眼科ひと言アドバイス当院の白内障術者は白内障手術時に起こる合併症を回避する手法、眼球にダメージを与えない緑内障等に適した白内障術式、
新たにレーシックに変わる事が期待される新しい屈折矯正手術、フェイキックIOL(Phakic IOL)の提供を開始します
診療科目眼科ひと言アドバイス大きい病院だがら良い医師とはかぎりません。特に手術を受ける際は、
複数の医師の意見を聞いてください。
診療科目眼科外来診療:白内障・緑内障・眼精疲労・アレルギー性結膜炎,ドライアイ・コンタクトレンズによる障害,糖尿病網膜症・加齢性黄斑変性・網膜裂孔・眼底出血など各眼底疾患 日帰り手術:白内障手術ひと言アドバイスDr.藤田の健康コラム
診療科目眼科全般ひと言アドバイス現在の治療に満足していなかったり、病気に不安のある方は一度いらしていただ
ければよく説明致します。又秘密も守りますから、当院への来院を他言することは
ありません。
また当院ホームページからは,眼科に関する質問をすることができ
ます。遠方で来院出来ないとか診察前に聞いておきたいと言うときには遠慮なく
ご利用ください。
診療科目矯正歯科ひと言アドバイス歯並びで気なる事があれば、矯正専門の矯正科で見てもらいましょう。
手遅れにならないように。
診療科目苦痛の少ない検査・治療(■自動血圧・血中酸素濃度測定装置などによる安全確保■内視鏡・処置具の洗浄・消毒の徹底 )ひと言アドバイス2012年11月に発売されたばかりのオリンパス最新内視鏡システムの北大阪1号機と2号機が11月29日に納入され、30日から使用しています。 従来のものに比べて格段に明るく、鮮明な画像となり、診断能力がより向上するものと考えます
診療科目形成外科・皮膚科ひと言アドバイス形成外科は年々認知度が高まっているので,ちょっとした皮膚皮下腫瘍手術は大学病院などでなくとも,形成外科専門医が開業しているクリニックで十分です.先天奇形など高い専門性が求められる疾患については大学病院を勧めます.
診療科目呼吸器科ひと言アドバイス1.良くなり治るという希望をもつこと。
2.その信念で指導している医師の指導をうけること。
3.私達のホームページをお気に入りに追加して、見て欲しい。月に2回情報を更新している。
4.わかば(石川県喘息友の会の会報)をご覧になってください。
・喘息をよくし治すために(清水先生が書かれた成人喘息克服の参考書)http://www.zensoku.in/zen.htm
診療科目呼吸器科,循環器科,アレルギー科ひと言アドバイスなんでも、お聞きください
診療科目呼吸器外科ひと言アドバイス病気かなと思ったら気軽に相談して下さい。
診療科目股関節疾患(変形性股関節症・慢性関節リウマチ)、人ひと言アドバイス股関節の痛みは、大変辛いものです。我慢をせずに、お近くの専門医に御相談する
ことをお勧めします。私のメール・FAXでも可能\な限りのアドバイスをさせていた
だきますので御連絡下さい。
股関節の治療方法としては、保存療法・運動療法
・お薬での治療・自分の骨を使っての手術療法・人工関節での手術療法があります。
症状、年齢、生活に合った治療方法を一緒に考えましょう。
info@dr-ishibe.net
診療科目産科ひと言アドバイス自分が納得するまで、きちんと医師に聞いて欲しいと思います。
乳癌の治療には長い時間がかかります。出来るだけ身近の施設で無理のない治療を受けるべきだと思います。
診療科目産科・婦人科ひと言アドバイス自分自身が納得して診療を受けられる医師、看護師、その他のスタッフがおり、
それぞれの方の治療に適した設備のある病院・医院を見つけられれば良いのですが。

必ずしも新しい病院や大病院が良いとも限らないでしょう。
色々な人の話やインターネットなどからより多くの情報を集め実際に受診してみるしかないのでしょうが、1-2度受診して自分に合わないと感じたら別の病院(医院)を受診してみたください。
ただし、頻繁に変わり過ぎたり、同じ疾患(症状)で複数の病院を同時に
受診していたり(医師同士、病院同士で連携して診療している場合を除く)すると、
検査が進まなかったり治療方針が定まらなかったりと結果的に損をすることになっても困りますのでご注意ください。
診療科目産婦人科ひと言アドバイス最高の環境で楽しく分娩しましょう。
分娩の先進医療システムは、勿論のこと、ハートフルなスタッフが
お待ちしております。
診療科目産婦人科(日本産婦人科学会専門医:・東京大学医学部産婦人科医局 出身:・稲田登戸病院 産婦人科部長(〜平成18年3月 副院長 藤沢 味代子(日本ペインクリニック学会認定医、麻酔科標榜医)ひと言アドバイス稲田登戸病院(川崎市多摩区)におきましては長年、産婦人科部長として診療させていただきました。 このたび、稲田登戸病院が平成18年3月31日閉院したことに伴い小田急線「喜多見駅」南口前におきましてレディースクリニックを開院することとなりました。 引き続き、微力ながらこの地におきまして地域医療に携わって参る所存でございます。 今後ともよろしくお願い申し上げます。
診療科目産婦人科:院長厚木 斉陽 医師厚木 右介 ひと言アドバイス病気の治療には医師と患者さんの信頼関係が重要です。
診療科目歯科ひと言アドバイス当院は今までの歯科のイメージを一新します。
診療科目歯科 矯正歯科 口腔外科ひと言アドバイス1.何か気になることがございましたら、早めに相談してください。
2.心配事・疑問点がございましたら、遠慮なくお聞きください。
3.自分の口としっかりと向き合い、自分の健康は自分で守るという姿勢が一番大切です。
診療科目歯科 小児歯科ひと言アドバイスあなたのお話を聞かせて下さい。
 気になること、つらいこと、お口の中の
ことなら歯医者さんに相談すれば意外と何とかなってしまうことは、思ったより
多いのです。
 私でなくともかまいません。ぜひ、お近くの歯科医院へ足を
運んでみたらいかがでしょう。合わないと思ったらやめればいいのです。あなた
にとっての良いかかりつけの歯医者さんが見つかりますように。
診療科目歯科、矯正歯科、小児歯科ひと言アドバイス治療に関するご希望はどんなことでもお話ください。
診療科目歯科、歯科口腔外科、顕微鏡による歯科治療、再生治療ひと言アドバイス1.痛みが出るまで・・・と我慢せず早めに受診なさってください。
これからは痛みを出さない為に、受診する時代になります。
(予防に重点を置きましょう)
2.歯周病の予防は、歯についた汚れを どれだけ綺麗にとるかが、
一つの大きなポイントになりますのでプラークコントロールはとても大切です。
診療科目歯科、審美歯科ひと言アドバイスアメリカ人は歯並びの美しさに非常に敏感で、アメリカの子供の多くは矯正を受けています。また、企業社会の中で階段を上がっていくには、歯並びが悪くては不可能だとまで言われています。確かに、アメリカの大企業のトップや政治家の写真を見ると歯並びの悪い人は殆どいません。
これに対し日本では「八重歯がかわいい」と感じる伝統があるせいか、アメリカ人ほど歯並びには神経質ではありませんでした。しかし、最近は美しい歯ならびに対する関心が急速に高くなってきています。

歯並びが悪いと見た目の印象が良くなくなるだけでなく、食べかすが付着しやすいことによって虫歯や歯槽膿漏の原因になったり、咀嚼力が十分に得られなくなるといった問題を生じることもあります。良い歯並びは見た目だけでなく、健康にも大切です。

◎美しい歯は健康と知性のシンボルです
診療科目歯科一般ひと言アドバイス困った時 痛い時だけでなく、定期的に通院してメインテナンスの大切さを理解
して頂きたい。
診療科目歯周病、インプラントひと言アドバイス予\防こそが治療の基本であり、痛みがあってから歯科医院に行くのではなく、歯石
を取ったり、検査を行ったりするために歯科医院に行かれることが大切です。特に
30歳以上になると多くの方は歯周病にかかっていることが多いので、歯周病の検査
に定期検査を受けられて下さい。
診療科目耳鼻咽喉科ひと言アドバイスこれはちょっとどうだろうか、ちょっと体がだるい、体調が悪い・・・
そういうときこそかかれる「かかりつけ」をお持ちください。
私たちも内科の主人だけでなく耳鼻科の私も目指しています。
診療科目耳鼻咽喉科ひと言アドバイス耳、鼻、のどでお困りのことがあればぜひご相談ください。
診療科目耳鼻咽喉科、アレルギー科ひと言アドバイス当院は近鉄の学園駅・駅前にあり、交通至便です。又土日もあけており、急な病気
にも対応できるようにしています。バリアフリー、キッズルーム、オムツ替えシート
もあります。当院では、内視鏡システム・レーザーシステムを備えており、日帰りの
手術にも対応できます。
診療科目耳鼻咽喉科、気管食道科ひと言アドバイス患者様に治療方法を理解していただくのが良い治療への近道と考えております。
ご質問がありましたら、お気軽にしていただけたらうれしく思います。
診療科目耳鼻咽喉科・気管食道科ひと言アドバイス病気になって不安と感じられること、治療内容がわからなければ
遠慮せずにどんどん気軽に相談してください。外来での診察対応の一次診療レベルを極め、大人から子供まで幅広く地域の患者様、また遠方からも来られる患者様にも、これまでのみみ・はな・のどに 関する不快な症状から解放され、すっきりしたと感動を与えられる診療を目指します。また単に病気の治療だけでなく幅広い世代の患者様の癒しにつながるよう な診療を心がけるようにしています。
診療科目耳鼻咽喉科学一般ひと言アドバイス『かぜ』『メニエール』『花粉症』『耳鳴は歳のせい』と、自己診断されずに
一度専門医にご相談されることをお勧めします。
診療科目循環器、内科、消化器科ひと言アドバイス最近、医療の分野でも専門分化が加速しており、専門医が増え、患者さんも大病院
の専門医に頼りがちですが、良心的な開業医をかかりつけ医として見直していた
だきたいと思います。
病気はひとつではなく、全身管理のアドバイスをするには
広い視野をもったかかりつけ医が適任です。
診療科目循環器科,呼吸器科,睡眠時無呼吸ひと言アドバイス病気はまず予\防から。
日頃他の人に比べて眠気が強いと感じたり、「いびき」、「無呼吸」を指摘されたら
「睡眠時呼吸障害」かもしれません。一度無呼吸検査をお勧めいたします。
診療科目循環器内科ひと言アドバイス医者も患者も同じ人間です。心を通わせてください。1.小さなことを大事にすること。
2.まず人を信じて、愛して痛みを共有すること
診療科目小児科ひと言アドバイス受診されたとき、病状・病気についてわからないこと、日常生活の対処の仕方など
遠慮なく聞いてください。
診療科目小児科ひと言アドバイス病気・ケガの事だけでなく子供さんの色々な不安についても遠慮なくご相談ください。
診療科目小児外科ひと言アドバイス順、という字には、「あきらめない」「くじけない」という、理事長の強い思いが込められています。 どんな困難にぶち当たっても、ひとりひとりの小さな命を救うために決して弱音を吐かず、努力を惜しまなかった、小児外科医としての矜持が込められています。 レディースドック(30代以降のすべての女性におすすめです。マンモグラフィー、子宮がん検診、乳腺エコー、骨盤MRIなど女性特有のがんに特化しています。) 小児科(入院などしなくても、外来での通院で治療できます. 漏斗胸 排便障害(乳幼児便秘・便失禁)、排尿障害,真性包茎、陰唇癒合,リンパ管腫、血管腫肛門周囲膿瘍,小児の漢方外
診療科目消化器科・内科・外科ひと言アドバイスご自分の病気の診断法や治療法に少しでも疑問がある場合には、他の専門医の意見を聞く、いわゆるセカンドオピニオンを求めることに躊躇すべきではありません。ご自分の一生がかかっているのですから。

大病院でしかできない治療法がありますが、大きな病院には患者さんと医者の間にも大きな距離があるような気がします。その距離を縮めるのが専門性の高いクリニック考えます。情報を駆使して良い医者をお選びください
診療科目消化器疾患:胃潰瘍、十二指腸潰瘍、逆流性食道炎、ストレス性胃炎、過敏性腸症候群、?慢性肝炎、慢性膵炎、胆石、胆のうポリープ 一般内科疾患:高血圧、高脂血症、ひと言アドバイス患者さんが病気について相談し、安心して治療を受けられる雰囲気を作ること! 子供からお年寄りまで、ホームドクターとして信頼される"主治医"となること! これが、岩下内科クリニックの診療方針です。
診療科目消化器内科特に大腸疾患、消化器内視鏡ひと言アドバイス 1.大腸の検査は、内視鏡が一番です。注腸よりも精度の高い検査です。
しかし、大腸内視鏡のテクニックは非常に難しく、上手な先生をみつけて検査をうけなければなりません
診療科目心身医学、産業医学、森田療法ひと言アドバイス日常生活の中での様々なストレスによる心身の不調に対応し、診療を行なっております。 また、いろいろな職場との連携を図りながら、職場のメンタルヘルスにも積極的に取り組んでいます。
診療科目心臓血管外科ひと言アドバイス東京ハートセンターは心臓のスペシャリストが集結した高度の医療機関です。
診療科目心療内科、神経科、内科ひと言アドバイス情報が飛び交い、時間に追われ、多様化した人間関係の中で人々は人間が
本来あるべき個としての存在であることを忘れ、個としての統合性を
有した心身機能\をも乱しがちになりつつあります。心身の不調を感じたならば
早めの対応が必要です。下高井戸北口心療内科へお気軽に御来院ください。
診療科目心療内科、精神科 、神経科ひと言アドバイス1.気の持ちようでは済まされないのがストレスという現代病です。心のサインに早く
気づいてきちんと専門医にかかりましょう。
2.薬は指導のもとで服用していれば副作用は恐くありません。きちんと飲んで早く
確実に治しましょう。
3.睡眠不足は万病のもとです。ゆっくり休養することとあまり頑張り過ぎないことは
とても大切です。
診療科目心療内科・神経科ひと言アドバイス私どもは、『身体』と『心』の健康を取り戻して頂くためのお役に立ちたいと思って、
暖かい雰囲気で診療にあたっています。初心の方は電話ください。服薬中の薬があれ
ば持参願います。
診療科目心療内科・精神科ひと言アドバイス
診療科目心療内科・精神科ひと言アドバイス診療 私達はアイコンタクトやハートコンタクトでお答えいたします。私達は、身体科も視野に入れ、国内外の病院や研究所と連携。常に先端情報で心療に向かいあいます。 急病 精神科一時救急・精神心理一時救急で対応いたします。また都指定救急チームと共助した高度医療機関搬送プログラムを発動、適切な救助と保護を行います。 全体バランスで 多面的検査が必要となった場合、連携病院をご紹介。また鍼灸・漢方なども織り交ぜ、お身体全体の調整に取り組みます。 医師同伴 初診救急は前後エピソードがわかりません。安易な投薬を避け医師同伴による付き添い高度医療機関搬送も視野に入れて臨みます。 新しい発想 長年に渡り海外医療に従事した院長と理事長。日本では予想もつかないアドバイスは貴方に飛躍的なアドバイスを与えるでしょう。お困りから脱するには飛躍する力が必要だからです。
診療科目心療内科・精神科ひと言アドバイス診断とは、常に患者さんのためのものです。皆さんや医師が次に何をしたらよいのか、その結果としてどのような見通しで良くなっていくのか、そのようなことがお互いに見えてくるからこそ 、診断をつけるのです。診断がついても、結果として皆さんが何をしたらよいのか分からず、医師の方での説明も不十分であるとしたら、それは単なるレッテル貼りにすぎません。私たちは 決してそのようなことはしません
診療科目成人心臓血管外科(成人心疾患、血管外科)小児心臓血管外科(先天性心疾患・・)ひと言アドバイス最大の手術効果を低侵襲に安全な方法で引き出すという方針で日夜心臓血管外科の診療にあたっています。今まで高齢、重症のために、無理といわれてきた心臓血管外科手術もかなり安全に可能になりつつありますので、是非お気軽にご相談頂ければ幸いです。
診療科目整形外科ひと言アドバイス膝の痛みはつらいものです。決して一人で悩まずに、いつでも相談して下さい。
診療科目整形外科ひと言アドバイスご推薦ありがとうございます。患者さまに喜んでいただけることがなによりです。
なんなりとご相談ください。
診療科目整形外科ひと言アドバイス整形外科疾患の中には手術で治る疾患や、手術でしか治せない疾患も数多くあり
ます。その見極めには科学的根拠と医師の手術経験が必要だと思います。腰椎牽引
や温熱療法、マッサージ等で何ヶ月も症状が改善しない場合、ぜひ一度整形外科
専門医を受診されることをおすすめします。さらに手術を受ける場合、十\分なインフ
ォームド・コンセント(説明と同意)はもとより、セカンド・オピニオン(他の専門
医の意見)も参考にされるとよいでしょう。
診療科目整形外科ひと言アドバイス1.病患について理解してもらい、本人が納得して愁訴の改善に努力してもらう。
2.病因、要因がわかれば、如何に防御し、抵抗力をつけていくか、徐々に力をつける。危険であるシグナルかそうでないシグナルかを判別できるようにする。判らないときは医師の判断を仰ぐ。
診療科目整形外科、スポーツ整形外科ひと言アドバイス膝靭帯挫傷は治療が難しく時間がかかるので、スポーツ選手にとっては選手生命にかかわります。
早期診断と適正な治療と根気あるリハビリテーションが必要です。
診療科目整形外科、スポーツ整形外科ひと言アドバイス野球、テニスなどの肩、肘の障害をたくさん扱っています。約75%の選手が
スポーツ復帰を果たしています。
診療科目整形外科、脊椎外科ひと言アドバイス腰痛でお悩みの患者さんは非常に多く、それだけ に治療の選択に
迷ってしまう事が多々あります。スポーツ選手の競技再開や早期の社会
復帰を希望する患者さんにとって、内視鏡手術は有力な選択肢であると
言えるでしょう。
診療科目整形外科・脊椎外科ひと言アドバイス正しい診断と適正な医療を行なう医者を見つけること。また、なかなか症状が回復
しなかったり、手術の診断がなされた場合は、いくつかの医者を受診し、診断を
比較することも必要。治療法については、納得のいくまで医者に説明を求め、治療
法は自分で選択をすること。良い医者をみわける目を身につけてください。
診療科目精神科・心療内科(うつ病や統合失調症、アルコール依存症などの心の病の相談・治療を行います。)デイケア/ナイトケア ひと言アドバイス当院では病識のない患者様や、通院が困難な患者様の往診診察を行っています。予約制となっておりますので、ご希望の方は当院までご相談ください。
診療科目精神神経科ひと言アドバイス1.初診の方は、これまでの経過を簡単にメモしておくと理解の助けになります。
2.どちらかの病院、クリニックに通院の方は紹介状をご持参ください。
診療科目赤ちゃんにやさしい盛岡市の産婦人科医院。妊娠・出産・婦人科の検査/治療、予約なしでも初診受付ひと言アドバイス妊娠と思われるからだの変調が見られたら、まず受診をしましょう。 尿検査による妊娠反応検査をおこない、診察で子宮内に赤ちゃんの袋が見られるか確認します。 これは、子宮外妊娠を否定するために必要な診察です。
診療科目臓病と糖尿病の総合的かつ集学的医療を、院内のすべての専門スタッフによるチーム医療で実践するのが、腎臓病・糖尿病総合医療センター(CKDD)の役割と考えています。ひと言アドバイス何か腎臓に関すること(尿量が少なくなった・尿が泡立つ・全身がむくむなど)で気になることがございましたら、まずは内科外来へお越しください。 岡山済生会総合病院糖尿病外来では病診連携を推進しています。病診連携とは病院(専門医)と診療所・医院(かかりつけ医・ホームドクター)との間で、連携をとりながら治療を勧めていく診療の形態です。専門医とかかりつけ医の二人が主治医となり、治療を勧めさせていただきます。
診療科目内科ひと言アドバイス糖尿病の患者様とは一生のお付き合いになると思っています。 病状に関すること、
心配なこと、家族の相談を含め何でもご相談下さい
診療科目内科ひと言アドバイス1. 第1、第3土曜日に管理栄養士による栄養指導を行っており、ぜひ御利用ください。
2.「私のカルテ」というカルテファイルをお渡ししており、プリントアウトしたカルテの控えを挟み込んで、病状をわかりやすくお伝えします。
3.生活習慣病治療の主役は患者さん自身です。一緒に治療目標を設定しましょう。
診療科目内科ひと言アドバイスわからないことは何でも質問してみる事です。
診療科目内科ひと言アドバイス外因型喘息のほとんどは
ダニ、ハウスダストが原因です。ダニの数を半分にする
だけで発作を
抑えていく事が可能\です。掃除を心がけてください。
診療科目内科ひと言アドバイスホームドクターとしてなんでもご相談ください。
検診などを通じて、ホームドクターを作ってください。
診療科目内科 消化器科 循環器科 呼吸器科ひと言アドバイス自分の病状を理解して、一緒に治療を考え、病気に打ち勝ちましょう。
乳癌の治療には長い時間がかかります。出来るだけ身近の施設で無理のない治療を受けるべきだと思います。
診療科目内科(循環器内科・消化器内科・呼吸器内科)、訪問診療ひと言アドバイス1.長期にわたって受診出来なくなる時は、旅行とか出張とか転医とか、電話でいいから一言知らせて下さい。
2.検査を嫌がらないで下さい。検査をすすめられた時は、必要最小限の検査と思って下さい。
3.主治医と意見が合わない時は、自分は父権主義かインフォームド・コンセント重視主義か、
どちらかをはっきりさせて下さい。
診療科目内科、胃腸科、外科、肛門科ひと言アドバイス胃腸の疾患、生活習慣病、がんを同じ視点でとらえ、予\防と適切な治療、そして
それらを実践するための情報の提供やお手伝いをしてゆきたいと考えています。胃カメラ、大腸内視鏡、超音波検査、ヘリカル
CT等で病気の早期診断、より正確な病状の把握を目指します。
気になる症状がある方、検診で異常を指摘さ
れた方はお気軽にご相談ください。
診療科目内科、胃腸科、消化器科(当院の胃カメラ検査の最大の特長は"苦痛のほとんどない検査"であること。それは、前処置の咽頭麻酔が丁寧であること。)ひと言アドバイス1.体の不調は一人で悩まず、とにかく何でも一度相談してみてください。
2.胃カメラをのんでつらい思い出のある方は、だまされたと思って当院を受診してみてください。
3.大腸ファイバーが、お産より苦しい検査というのは偏見です。専門医で検査を受けて下さい。
診療科目内科、小児科ひと言アドバイス体の変調をきたした時は 些細な事でもご相談下さい。
診療科目内科、消化器科(胃腸科)、小児科ひと言アドバイス気になることは何でもお尋ねください。
質問することは恥ずかしいことではありません。
診療科目内科、消化器科、アレルギー科ひと言アドバイス胃がん・大腸がんは早期発見・早期治療が重要です。苦痛の少ない清潔な内視鏡
検査で定期的な健康チェックをおすすめします。
診療科目内科、消化器科、胃・大腸内視鏡(胃カメラ・大腸カメひと言アドバイスおかげさまで国分寺・小平市・小金井市・立川市・日野市・国立市・府中市・清瀬市
・東村山市・東大和市・武蔵村山市・三鷹市・武蔵野市・青梅市・福生市・昭島市・
あきる野市など多摩地区を中心に東京都内からも診察にいらしてくださっております。
診療科目内科・小児科ひと言アドバイス食事療法は自分の意志と家族の協力だけで出来る最も基本的な治療です。
よく陰陽の判断は難しいから食事療法は出来ないと言われる方がありますが、
診療科目内科・消化器科ひと言アドバイス「病は気から」などと申\しますがこれだけストレスの多い世の中では、ちょっと
した体調の変化は日常茶飯事です。ついつい忙しさにかまけてそんな体調の
変化をほったらかしにされていませんか? ちょっとした体調の変化、体に関する心配
ごとも安心して気軽に相談、受診できる医院をモットーに診療しています。
内科、消化器病、肝臓病の専門医として高い評価を得ることが出来るよう
スタッフともども日々研鑚を重ねてまいります。「転ばぬ先の杖」なんでも結構\です。
気になる症状、心配な症状がございましたらどうぞ、お気軽にご相談ください。
診療科目内科・消化器科・循環器科・呼吸器科・アレルギー科ひと言アドバイスメタボリック・シンドローム、生活習慣病(糖尿病、高血圧、高脂血症)など慢性
疾患の治療においては特に
[熟練の専門医]による親身な医療が重要です。合併
症の予\防の為にも内科専門医、糖尿病専門医の受診をお勧めします。
診療科目内科・消化器科・小児科ひと言アドバイスいつでも話を聞いていただけるような医師にかかることをお勧めします。
診療科目内科一般のみならず、腎臓病、糖尿病やリウマチ・膠原病の専門的治療まで、幅広い診療を行いますひと言アドバイス
診療科目内視鏡検査は初めてで不安です。信頼できる専門医に診てもらいたいのですが、どこの病院に行けばいいか分かりません。 ひと言アドバイス患者さんが進んで内視鏡検査を受けて頂き、がんがもっと早期に発見されれば、がんは決して怖い病気ではなく、完全に治すことが可能であることをご理解頂けるものと確信致しております。
診療科目乳腺外科、内分泌外科ひと言アドバイス乳癌ではないかと思ったら、まずかかりつけの先生と相談してみてください。
安易な自己判断は危険だし、単なる思い過ごしかもしれないからです。
もし精密検査の必要があるといわれたら、おいで下さい。
診療科目脳腫瘍 皮膚がん・大腸がん 食道がん・喉頭がん 胃がん 肝臓がん(肝臓腫瘍) 腎臓がん(腎細胞がん) 卵巣がん(卵巣腫瘍) 大腸がん(大腸腫瘍) 脂肪肉腫 悪性黒色腫ひと言アドバイス「治療に関して、わかり易く、正しく理解する環境を!」との患者さん、ご家族、先生方のご意見をうけまして、少しでも多くの方々に「免疫細胞療法を正しく知って欲しい」「がん治療の選択肢を広げて欲しい」「正しく理解し、納得して、安心できる治療を受けて欲しい」という思いが高まり、白山通りクリニックでは医師による活性化自己リンパ球療法に関するがん治療相談室を開設しました。治療相談によってがん治療を行う皆様の不安が少しでも解消できればと思っています。
診療科目脳神経外科,リハビリテーション科,
外科,内科,胃腸
ひと言アドバイス頭痛 めまい しびれ 脳卒中 リハビリテーションを中心とする小さな家庭的な
病院です。その他 病気やストレスで悩まれておられる方は一度受診してみてくだ
さい。
診療科目泌尿器科ひと言アドバイス一般的に「泌尿器科」に行くのはおっくうで、どうしても診断・治療が遅れがち
になります。悩みを少しでも引き出し適切な治療を行うことを心がけていますので、
気軽にお越し下さい。
診療科目泌尿器科ひと言アドバイス泌尿器科は敷居の高い所と考えられがちです。性感染症や勃起障害はなかなか相談
しずらいと思いますが、一人で悩まずに風邪をひいたのと同じ気持ちで気軽に相談してほしいです。性感染症は治療せず
に他の女性と接触したとき相手にも感染させてしまいます。
また、勃起障害や包茎の治療を行うと、日常生活に活気が
でてきます。小児の包茎は、乳児健診時期に一度ご相談下さい。
診療科目泌尿器科(血尿、前立腺肥大症、排尿痛、多尿・頻尿、乏尿・無尿、尿路結石、尿閉、尿失禁、腎炎、腎盂腎炎・膀胱炎、腎不全、腎がん、前立腺がん、膀胱がん、尿道炎、神経因性膀胱など)ひと言アドバイス自分のことですから、恥ずかしがらずに気軽に受診して下さい。
診療科目泌尿器科は腎実質と腎盂・尿管・膀胱・尿道から成る尿路、および前立腺、精嚢、陰茎、精巣などの生殖器、そして副腎や後腹膜における発生母地や病理組織像も多岐にわたる腫瘍を担当します。ひと言アドバイス
診療科目泌尿器科性病科、内科、外科ひと言アドバイス薬は毒消しではありません。病気を治そうとする自分の努力と適切な医師の治療が
協調してはじめていい結果がでるものです。
診療科目皮膚科ひと言アドバイス築移転致しました。完全個室も用意しております。お化粧を落として、治療後、
お化粧をするまで、他の患者様と全く顔を合わせることがありませんので安心し
てお越し下さい。
どのような肌を目指すか?ダウンタイムはとれるのか?金額
など、医師に希望を細かく伝えてください。
診療科目皮膚科 (当院は予約制ではございません。ご都合のよろしい時に、いつでも受診してください。)ひと言アドバイス皮膚に関してお困りのことがございましたら、どんな些細なことでもかまいませんので、お気軽に皮膚科専門医にご相談ください。
診療科目皮膚科(一般・美容)ひと言アドバイス今まで、「治らないもの」と諦めていた方も、是非一度診察にいらして下さい。
診療科目皮膚科・アレルギー科ひと言アドバイスアレルギー疾患(アトピー・喘息等)は、適切な漢方薬で免疫バランスを内側から
是正することにより劇的に良くなります。
診療科目皮膚科・泌尿器科・アレルギー科ひと言アドバイス「軽い症状だからこれくらい大丈夫」という自己判断が、実は重い病気であったり、
思い悩んでいたことが実は検査の結果何でもなかったりします。どんなことでも相談
に乗りますのでお気軽に受診して下さい。
診療科目美容皮膚科、皮膚科ひと言アドバイス

全ての施術を院長が責任を持って行っており、看護師やスタッフが施術することはありませんので、ご安心ください。効果のない治療や美容哲学に反する治療は一切いたしません。
基本的に『一時間にお一人』とさせていただき、じっくり丁寧に施術いたします。

以上、よろしくお願いします。

診療科目婦人科ひと言アドバイスあせらず一歩一歩確実に
診療科目婦人科ひと言アドバイスあきらめないで下さい。
患者さんによる支援団体、Fine「現在・過去・未来の不妊体験者を支援する会」 を支援しています。
どうぞ、よろしくお願いいたします。
診療科目婦人科ひと言アドバイス「不妊」治療は専門病院で、受けることが近道です
診療科目婦人科,産科ひと言アドバイス何か症状があったり問題のあるときは恥ずかしがらずに早めに受診なさってください。
その方が問題の解決や病気の治療がうまくいくと思います。
診療科目婦人科一般(感染症、先天疾患、良性腫瘍、子宮内膜症など)婦人科悪性腫瘍(子宮頸がん卵巣がんなど)生殖内分泌(不妊症、ウィメンズヘルス(更年期障害、骨粗鬆症、女性ホルモン治療、漢方治療など)泌尿婦人科等ひと言アドバイス本院に内視鏡下手術支援ロボットであるダ・ヴィンチSiが導入されました。ダ・ヴィンチ手術は開腹手術に比べて傷口が小さいため、出血量が少なく、合併症のリスクが低減します。手術後の回復も早く、入院期間も開腹手術に比べ大幅に短縮されるため、早期の社会復帰が可能となります。
診療科目婦人科全般ひと言アドバイス当院は、婦人科全般だけでなくレディースクリニックとして健康と美容全般に対応
する事を目的としたクリニックです。
なので、体の不調や疑問等婦人科の内容
に限らず、お気軽に相談していただければ幸いです。
今後も当院だからこそ提供
できる医療を、ご案内したいと考えております。
診療科目予\防歯科 審美歯科ひと言アドバイス自分の健康は自分で守る姿勢を持ち、信頼できる歯科医院で定期的な健診を受けられて下さい。
診療科目喘息、肺炎、サルコイドーシス、肺気腫、花粉症などのアレルギー性疾患などの呼吸器疾患を専門ひと言アドバイス咳、痰、喘鳴等の症状でお困りの方、気管支喘息、胸部写真で異常影を指摘された方はご相談下さい。