ID病院名
HP/ 診療科目/ 推薦人数/ 電話/ 医師1/ 医師2
郵便番号/ 住所/ 最寄り駅
利用者の声
登録日
3465本荘第一病院(内)(皮)など
・日本医療機能評価機構認定病院
アトピー性皮膚炎


皮膚科


1
0184-22-0111
前橋  先生
015-0001
秋田県本荘市出戸町岩淵下110
羽越腺 【羽後本荘駅】
このサイトに推薦病院に挙げられている国立寮養所秋田病院は、廃院になりました。前橋先生は、現在外来通院されている患者さんを引き続き診療続けられるために、同じ本荘市にある本荘第一病院に移り、15年12月から診療をされるそうです。
11 28 2003 12:00AM
32国立療養所秋田病院(内)(皮)など
http://akitahp.jp/AkitaHP_top.html
内科U
循環器
皮膚科
0
0184-73-2002
前橋賢先生
015-8518
秋田県由利本荘市岩城内道川字井戸ノ沢84-40
難病と言われる「掌蹠膿胞症」「アトピー」などの治療を専門的に研究している病院です。いろいろな病院で「治りません」と言われた私もインターネットで前橋先生を知り、治療を受けました。掌蹠膿胞症もアトピーも治る病気です。同じ病気で苦しんでいる方が、1人でも前橋先生に診ていただいて、病気を完治されますように・・・。*血液検査やレントゲンによる検査を受けます。治療は、ビタミンCとビオチンの粉薬の服用により行われます。**掌蹠膿胞症は、皮膚だけでなく骨の変形(破壊)も伴います。  見た目以上に体の中も、早期の治療が必要
01 1 1900 12:00AM
522丸山アレルギークリニック(アレ)(内)(呼)・アレルギー専門病院

アレルギー科


1
022-712-5881

980-0011
宮城県仙台市青葉区上杉5-1-1-212
ここの先生はとってもおもしろいです。うちは子どもが通っていますが、先生のお子様もアトピーを克服され、其の時に漢方が完治を導いたきっかけで、漢方を学ばれたかたです。基本的に保険の効く漢方を処方し、また、色々勉強をされています。漢方のみならず、アレルギーにいい事を積極的に取り入れ、それも患者の負担の大きいものはあまり、薦めない。また、〇リングを学ばれていて0リングで薬などを選んでくれるので、単に、この症状にはこの薬という使い方はせず、必ず〇リングで合わせてから、、、という、基本姿勢。なんでも相談できて、安心のできる先生です。ステロイドを絶対使わないというわけではなく、東洋を中心に西洋も取り入れている先生です。でも、使いたくなければはっきり言っても、怒ったりせずに、そうだねといって、きちんときいてくれます。とにかく、お奨めなので、本当はあんまり人に教えたくない、隠れ家的存在なんですけどね(笑)
10 20 2002 12:00AM
234東西クリニック仙台(内)(アレ)など漢方治療、針灸治療も

内科


0
022-379-7232
丹野 泰夫 先生
981-3215
仙台市泉区北中山2-33-6
泉中央駅
先生は漢方薬と西洋薬の両方を使って、子どものアトピーを治療して下さっています。何処の病院へ行ってもステロイド治療ばかりで夜中に痒くて血だらけになるまで掻きむしっていた息子が先生のところの漢方薬と漢方の軟膏で3ヶ月前とは見違えるようなつやつやの肌になり、夜も熟睡出来るようになりました。喘息のお子さんを連れていらしていたお母さんも、漢方で良くなったとおっしゃっていました。最初は子どもが漢方を飲んでくれるのか心配でしたが、全然いやがらず、自分から進んで飲んでいます。
06 21 2002 12:00AM