宗教法人法(昭和26年4月3日法律第126号)第三条

境内建物及び境内地の定義)

第三条  この法律において「境内建物」とは、第一号に掲げるような宗教法人の前条に規定する目的のために必要な当該宗教法人に固有の建物及び工作物をいい、「境内地」とは、第二号から第七号までに掲げるような宗教法人の同条に規定する目的のために必要な当該宗教法人に固有の土地をいう。
一  本殿、拝殿、本堂、会堂、僧堂、僧院、信者修行所、社務所、庫裏、教職舎、宗務庁、教務院、教団事務所その他宗教法人の前条に規定する目的のために供される建物及び工作物(附属の建物及び工作物を含む。)
二  前号に掲げる建物又は工作物が存する一画の土地(立木竹その他建物及び工作物以外の定着物を含む。以下この条において同じ。)
三  参道として用いられる土地
四  宗教上の儀式行事を行うために用いられる土地(神せん田、仏供田、修道耕牧地等を含む。)
五  庭園、山林その他尊厳又は風致を保持するために用いられる土地
六  歴史、古記等によつて密接な縁故がある土地
七  前各号に掲げる建物、工作物又は土地の災害を防止するために用いられる土地
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S26/S26HO126.html
法令データ提供システム
宗教法人法
(昭和二十\六年四月三日法律第百二十\六号)
06 28 2013 12:00AM
【関連ニュース記事】

日本人はなぜ無宗教なのか (ちくま新書)

新品価格
¥756から
(2011/10/1 20:24時点)


いまや日本人は自分たちを「無宗教」と規定してなんら怪しむことがない。しかしほんとうに無宗教なのだろうか?

世界の宗教と戦争講座 (徳間文庫)

新品価格
¥620から
(2011/10/1 20:22時点)


著者は、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教、仏教、神道、儒教の6宗教、それぞれの教義のポイントを簡潔にまとめ、宗教間、宗派間で起きた紛争理由やその争点を、独自の視点を交えて論じている。 キリストの処刑を機に形成されたとされるユダヤ民族への根深い差別意識、布教の名のもとに侵略行為を黙認したカトリック、キリストを預言者と認めながらも他宗派を徹底して排除するイスラムの「原理」、神道と朱子学の違いが広げる日韓の溝、ボスニア紛争、バーミアンの石窟破壊、「味の素事件」などの背景に厳として存在する宗教的アイデンティティーや戒律…。こういったことから、宗教が違うということの意味とその対立の重みが伝わってくる。

人はなぜ宗教を必要とするのか (ちくま新書)

新品価格
¥756から
(2011/10/1 20:27時点)


宗教なんてインチキだ、騙されるのは弱い人間だからだ―「無宗教」を標榜する日本人は、たいていそう考える。しかし、そんな「無宗教」者も、「本当の生き方」を真剣に模索しはじめたとき、また、人の死など身にあまる不条理を納得したいと願ったとき、無宗教ではいられなくなってくるのではないだろうか。宗教に対する誤解にひとつずつ答え、そもそも宗教とはどういうものなのかを説き、「無宗教」から「信仰」へと踏みだす道すじを平易に語っていく一冊。

日本人のための宗教原論―あなたを宗教はどう助けてくれるのか

新品価格
¥1,890から
(2011/10/1 20:29時点)


本書は、本格的な宗教原論である。各宗教の蘊奥(奥深いところ)から説き起こし、比較歴史的に、どのようにして、これらの蘊奥に達したかについて解明し、現代にどんな影響を及ぼしているのかを論ずる。

新宗教ビジネス (講談社BIZ)

新品価格
¥1,365から
(2011/10/1 20:31時点)


新宗教はどんなテクニックで金を集めるのか?人の心を操って100億円のカネを集める謎の組織。テレビ・ショッピング、セールス・トーク、ネットワーク・ビジネスとの意外な相関性。創価学会、真如苑、阿含宗、大本、天理教など、巨大教団のヴェールに包まれた「ビジネス・モデル」の正体。

宗教学の名著30 (ちくま新書)

新品価格
¥861から
(2011/10/1 20:36時点)


本書は古今東西の知から宗教理解、理論の諸成果を取り上げ、現代を生きる私たちにとっての「宗教」の意味を考える視点を養う決定版ブックガイドである。