★デモ用:リモートツール設定マニュアル
サポートも魅力

大手ソフトは意外に、つながらない!!(電話、メール・・) 大手ソフトは、自分のソフトのことしか考えていない。 大手ソフトは、小さいところ、お金のないところを好まない。(苦笑)

大手ソフトのサポート担当は、案外会計の素人が多い。★★買っても使えない!こんな失敗をしない為に。
●こんな、反省に答えていこうと頑張っています。

リモートサポートで
出来ること

●ソフトのインストール
●ソフトのショートカットキー作成
●ソフトの操作デモンストレーション
●ソフトの操作指導
●データの入力
●印刷
●ソフトの修正
●操作の相談と対応
●不具合の確認と解決
●LANの構築
●インターネット設定ほか
●データ転送
●チャット、音声サポート

隣にいるような
サポートです。
☆サポート時間
月曜日〜金曜日
  am9:30〜pm5:30
上記営業時間内にサポートして います。
リモートの接続

●リモートサポートには、ユーザ様が、インターネット接続が出来る必要があります。

ウイルス防止などで、接続していない場合、当社とリモートサポート時のみ接続し、終了すると、回線を切断しておくことでも可能です。

リモート接続は、ユーザ様からつないでもらう方式ですので、 勝手に、MSセンターから接続できるものではありません。 これも、安心対策の一つです。

好評な、リモートサポート方式

セキュリテイ安全のため、接続は、ユーザー様からの MSセンターへ接続によって、リモートサポートが開始されます。

好評なサポート方式

まるで、個人指導。

リモートサポートのお陰で、北海道のユーザ様でも、
即接続で、運用サポートが可能。

近くて遠いは、訪問サポート!遠くて近いは、リモートサポート ※殆どのことが解決できます。

ユーザ様の声1:

ビックリしました。リモートサポートがこんなに、いいものとは、思ってもいませんでした。 パソコンにも、経理にも不慣れな私のようなものには、救いです。安心して使えます。 前のシステムは、電話サポートでしたが、話が通じず、苦労しました。

ユーザー様の声2:

パソコン新しくしたのですが、今のを、そのまま、移してもらいました。
WINDOWSが動けば、ソフトは移行できるときいて、嬉しかったです。前のシステムは、ソフトを買い換えないと駄目と言われていましたので。

ユーザー様の声3:

PC5台をLANでつないでつかわさせていただいていますが、お客さんの要望で、システムの修正したいところが、出ます。今までですと、修正はできないので、手書きとか他の方法で対応せざるを得ませんでしたが、MSセンターさんでは、この遠隔サポートで、システムをとめることなく、修正追加改良してくれています。
オーダーメードみたいで、同業に紹介しています。

ユーザー様の声4:

昼間、私の妻にサポートをしてもらうことも考えていますが・・・

回答

事業主の奥様が会計担当するケースは非常に多いので 問題なくサポートできると思います。

会計ソフトは”買換え”よりカスタマイズ(最適化)して使い続ける! 30人まで企業支援専門 もっと細分化 一歩先行くカスタマイズ型 eサポート

インターネット*リモートサポートの実現(eサポート)

小規模企業様への最大のサービスは、サポートと考えました。大手業者のサポートは、24時間年間無休サポートなどと、とてもMSセンターでは、対応できないサービスですが、その中で、ユーザーの不満の声が聞こえてきます。

電話サポートが中心で、電話すると、機械の声で、丁寧に、「ソフトの購入は1番、ソフトに関する問い合わせは、2番、・・・・・は3番」と延々と続き次に進むと、会計ソフトは一番、販売ソフトは2番・・・・と又続き、そこをとおりすぎると、客様登録の、番号を入力してください・・・・・

最後までがんばっても、「プープープー・・」只今、込み合っています。一端切って改めて電話願います。とくることもしばしば。折角つながったのに、操作は指導しますが、仕訳の問い合わせはできません。こちらの聞きたいことには答えてくれない。

MSセンターでできるサービスは何かを考えて、「eサポート」方式を取り入れユーザー様から、「自分の画面で操作まで指導していただき、びっくりしました。」など、好評を得ています。

●eサポートで、私の画面を、MSセンターの担当者が直接操作して、教えて いただきましたが、驚きました。北海道ですよ。それが、東京のMSセンターさんに、電話で、話しながら、私の画面を操作してもらえるなんてことができるんですね、初めてです。これなら、何でもできそうです。安心しました。

弥生会計を使っていたんですが、今回MSセンターの感嘆会計を導入しました。経理が、苦手で、仕訳を教えてもらいました。親切に教えてもらいました。勘定科目の追加も、eサポートで、操作していただきました。画面を見ながら、確認できました。今度は、自分一人でできそうです。

●間違えて入力してしまい、どうしていいかわからないとき。eサポートで直接データを直してもらいました。今までの、サポートでは無かったことです。

MSセンターでは、営業時間内(9時30〜5:30時)までのサービスに限定させていただきますが、直接相談にのり、直接指導を心がけております。

サポートへのアクセスは代表番号にお願いしています。直接サポート部門への電話はできません。これは、MSセンター提供のソフトは、原則、カスタマイズ型のため、サポートのために納入システムをチェックし、準備してからサポートするためです。

直接電話したくなる気持ちは、わかりますが、納入システムを確認しないとお答えできませんので、ご了解ください。