平成2年7月より現在の場所で、小規模向けソフトを専門に開発販売を続けております。マイクロソフト社、IBM、富士通・・・

税務署を遠ざけていると、最も怖い最終兵器、「推計課税」が待っています・・・

ガラッと入ってきた数人の男が「××税務署です。今から調査を行いたいと思います。 オーナーまたは、責任者の方いらっしゃいますか?」「レジを開けて現金を数えてください」から始まります。

原価率がやたら高い。原価率とは、売上に対する、原価(材料、商品)の率です。低いほうが・・・   

儲かっているお店には、その理由があります。細かいことは抜きにして・・・

いいものは、高くててもいいが、安ければ更にいい。本当に、安いのは・・・・・・

税務申告は納税者自らが行うのが基本なのです。税理士に依頼しなくても違法・・・

明らかに儲かってないお店でも会計事務所に、顧問料を・・・

小さいお店の店長と、これができたらと一緒に開発・・・

Q2 「 windows7 でも使えますか」・・・2

日報を書かなくてもいい方法はあ・・・2, 3, 4

「決算の時の、棚卸とか減価償却とか、わかんないんですが・・・

償却費計算処理購入金額を入力します。

店舗が儲かっているかを、月の途中でもみたい

決算書に添付する、勘定内訳書の手書きが大変だったんだけど

「マル秘@」儲けている店の損益計算書

H 儲かってなかったら、「絶対」自己申\告

多くの飲食店主と話をしてきて、「儲かっていますか?」の問いに、「儲かっていませよ、こんな時代だから」という返事をいただきます。「それで、税務処理は?」「税理士に頼んでいます」ということが多い。儲かっていないお店ほど「自己申\告」すべきと提案します。

1 税務署は、儲かっていない店には原則「興味ない」

何故って、税金を取るのが仕事だから、利益の出ていない事業者からは、利益が取れないのです。税務調査は、売上減らし、経費水増しですが、これらの苦労は、税金を逃れるための努力ですが、どんなに調べても、売上が少なく利益が出ないなら、そんな苦労は、無駄でしょう。何も怖いものはありません。

税理士に払う金額は、低くはありません。払わなければ、自分の取り分になるのです。税金にもっていかれるわけでは、ありません。だから、進んで、「自己申\告」の挑戦をしましょう。ただし、店は儲かってないけど、個人の金回りがいい場合は、店と個人の関係などを説明できなければなりません。個人所得の問題となります。

2儲かってない店が怖いのは、「銀行、金融機関」です。

税務署より、金融機関のほうに、注意が必要です。銀行の信頼を失えば、資金繰りが回りません。銀行は、数字を大事にします。経営状態を、決算書などで確認します。儲かっているにこしたことはありませんが、儲かっていなくても、数字がしっかりしていれば、国の保証機関を利用して、資金調達ができる可能\性があります

自己申\告すれば、毎月の数字をつかむようになります。金融機関の要望する決算書類をすぐ提示することができます儲かっていない店ほど、「自己申\告」をして、経費を減らし、数字に強くなって儲かる店へ体質改善していく積極的な対応が必要なのです売上日報方式「これ!一本」がお役に立ちます

【関連記事】
●儲かってなかったら、「絶対」自己申\告