平成2年7月より現在の場所で、小規模向けソフトを専門に開発販売を続けております。マイクロソフト社、IBM、富士通・・・

税務署を遠ざけていると、最も怖い最終兵器、「推計課税」が待っています・・・

ガラッと入ってきた数人の男が「××税務署です。今から調査を行いたいと思います。 オーナーまたは、責任者の方いらっしゃいますか?」「レジを開けて現金を数えてください」から始まります。

原価率がやたら高い。原価率とは、売上に対する、原価(材料、商品)の率です。低いほうが・・・   

儲かっているお店には、その理由があります。細かいことは抜きにして・・・

いいものは、高くててもいいが、安ければ更にいい。本当に、安いのは・・・・・・

税務申告は納税者自らが行うのが基本なのです。税理士に依頼しなくても違法・・・

明らかに儲かってないお店でも会計事務所に、顧問料を・・・

小さいお店の店長と、これができたらと一緒に開発・・・

Q2 「 windows7 でも使えますか」・・・2

日報を書かなくてもいい方法はあ・・・2, 3, 4

「決算の時の、棚卸とか減価償却とか、わかんないんですが・・・

償却費計算処理購入金額を入力します。

店舗が儲かっているかを、月の途中でもみたい

決算書に添付する、勘定内訳書の手書きが大変だったんだけど

●「マル秘A」儲けている店の損益計算書

「マル秘@」儲けている店の損益計算書

儲かっているお店の損益計算書はなかなか手に入りません。
また直接、内容を明かすことはできません。
数字は、若干の操作をしてあります。

ケース1洋風居酒屋 席数 28 席 個人経営 開業10 年
客単価 昼850 円 夜2100 円

科目金額千円構\成比
売上高21,863100
売上原価6,23128.5
粗利益15,63271.5
給料賃金3,71216.9
福利厚生費0
旅費交通費0
通信費1800.8
家賃2,88013.2
リース料1500.7
修繕費1000.5
水道光熱費1,1785.4
消耗品費5422.5
支払手数料1200.5
会費360.1
車両費680.3
支払利息250.1
減価償却費5232.4
雑費2151.0
経費合計9,72944.5
営業利益590326.9
個人経営なので、営業利益が店主報酬になります。

コメント:家賃比率が高い

【関連記事】
●「マル秘@」儲けている店の損益計算書
●3.税務署のチェックポイント
●突然入る入る税務署の「抜き打ち調査」

資料請求フォーム

詳しくは下記のメールボックスからお問い合わせください。
あなたのお名前をどうぞ(必須)
あなたの電話番号をどうぞ(省略可)
住所をどうぞ(必須)
Eメールをお書きください(必須)
相談内容などご記入ください(必須)
内容を確認してこれでよろしければ資料請求をクリックしてください