平成2年7月より現在の場所で、小規模向けソフトを専門に開発販売を続けております。マイクロソフト社、IBM、富士通・・・

税務署を遠ざけていると、最も怖い最終兵器、「推計課税」が待っています・・・

ガラッと入ってきた数人の男が「××税務署です。今から調査を行いたいと思います。 オーナーまたは、責任者の方いらっしゃいますか?」「レジを開けて現金を数えてください」から始まります。

原価率がやたら高い。原価率とは、売上に対する、原価(材料、商品)の率です。低いほうが・・・   

儲かっているお店には、その理由があります。細かいことは抜きにして・・・

いいものは、高くててもいいが、安ければ更にいい。本当に、安いのは・・・・・・

税務申告は納税者自らが行うのが基本なのです。税理士に依頼しなくても違法・・・

明らかに儲かってないお店でも会計事務所に、顧問料を・・・

小さいお店の店長と、これができたらと一緒に開発・・・

Q2 「 windows7 でも使えますか」・・・2

日報を書かなくてもいい方法はあ・・・2, 3, 4

「決算の時の、棚卸とか減価償却とか、わかんないんですが・・・

償却費計算処理購入金額を入力します。

店舗が儲かっているかを、月の途中でもみたい

決算書に添付する、勘定内訳書の手書きが大変だったんだけど

「マル秘@」儲けている店の損益計算書

G「発見」税務自己申\告できるのか?

税務申\告は納税者自らが行うのが基本なのです。税理士に依頼しなくても違法ではありません。

確かに、税務を仕事として、行うことができるのは税理士だけですが、納税者が申\告などをするにあたって税理士に依頼することが法的に強制されているわけではありません。ただ、税法は、わかりにくいこと、又よく改正されることなどから、税理士に任せる人が多いということです。

MSセンターでは、小規模事業者に自己申\告を下記の理由でおすすめしています検討お参考にしてください
1 大きな経費負担減になります。
まず、開店して、儲けが出るまでは、自己申\告(いつでも儲かってないお店は尚更)

今まで、出来ないと思っていた人が、何人も地元税務署で確認して、OKなことに驚いています。
税理士事務所自分でやる
1自分で申\告できるのか「できませんよ!」なんてデタラメ言う先生もいます。注意!
2費用比較顧問料360000
決算指導120000
記帳代行120000
年間 600,0000
従業員15人以内程度(平均で40〜60万位)600000円は、売上で、12百万も必要なんです。(利益率5% として)
3税務署の活用事務所でやり、あとで問題になることもこの規模は多くの場合、申\告税金額は、少ないので、脱税を考えずに、節税で税務署を活用す考えに変える。税務署は、事前の税務相談に好意的なことが多い。処理に迷ったら相談が、節税につながる。
4繁盛店への変革税理士まかせで、数字のことは何にもわからない、と豪語する経営者多い経理を自分でやることで、数字に強くなり、無駄の発見、節税、銀行交渉など積極的で信頼のある姿勢が築ける
【関連記事】
●G「発見」税務自己申\告できるのか?
●F「一挙公開」他社との価格比較