平成2年7月より現在の場所で、小規模向けソフトを専門に開発販売を続けております。マイクロソフト社、IBM、富士通・・・

税務署を遠ざけていると、最も怖い最終兵器、「推計課税」が待っています・・・

ガラッと入ってきた数人の男が「××税務署です。今から調査を行いたいと思います。 オーナーまたは、責任者の方いらっしゃいますか?」「レジを開けて現金を数えてください」から始まります。

原価率がやたら高い。原価率とは、売上に対する、原価(材料、商品)の率です。低いほうが・・・   

儲かっているお店には、その理由があります。細かいことは抜きにして・・・

いいものは、高くててもいいが、安ければ更にいい。本当に、安いのは・・・・・・

税務申告は納税者自らが行うのが基本なのです。税理士に依頼しなくても違法・・・

明らかに儲かってないお店でも会計事務所に、顧問料を・・・

小さいお店の店長と、これができたらと一緒に開発・・・

Q2 「 windows7 でも使えますか」・・・2

日報を書かなくてもいい方法はあ・・・2, 3, 4

「決算の時の、棚卸とか減価償却とか、わかんないんですが・・・

償却費計算処理購入金額を入力します。

店舗が儲かっているかを、月の途中でもみたい

決算書に添付する、勘定内訳書の手書きが大変だったんだけど

3.税務署のチェックポイント

突然入る入る税務署の「抜き打ち調査」

1 飲食店の税務調査は「抜き打ち調査」が多い

お昼時を終えた頃、「XX税務署です。いまから調査を行いたいと思います。」責任者の方はいらっしゃいますか?「レジを開けて現金を数えてください」からある日突然始まります。

このように抜き打ちでくる税務調査を「現況調査」といいます。なぜ飲食店は抜き打ちかというと現金商売だからです。 伝票を記載しない、売上の現金を抜くなどの可能\性があり連絡してからおこなう調査では証拠を隠される可能\性があるからです。抜き打ち調査を行う前には、事前に下見をし、会計伝票の用紙、書いた後の処理、、会計時の記録の様子など下見する場合が多いようです。ポスレジを導入しているような店舗の場合売上を除外することが比較的困難なことから「事前連絡調査」になる可能\性が高いと言えます。

基本的な「現況調査(抜き打ち調査)」は、ほとんどが任意調査ですのでランチ終了後や閉店後にやむを得ない用事がある場合には、任意調査であることを税務職員に確認し、「用事があるので後日にしてください。」といいましょう。 用事があるのに監禁されることは強制調査(マルサ)以外はありえません。

来てしまったら、ジタバタせずに、指示に従ったほうが、得策なことは、間違いありません。

2 必ず来る税務調査(「事前連絡調査」)
通常の税務調査は、事前連絡のある「事前連絡調査」で、これは、必ずいつかあると、準備しておくべきでしょう。

【関連記事】
●突然入る入る税務署の「抜き打ち調査」