平成2年7月より現在の場所で、小規模向けソフトを専門に開発販売を続けております。マイクロソフト社、IBM、富士通・・・

税務署を遠ざけていると、最も怖い最終兵器、「推計課税」が待っています・・・

ガラッと入ってきた数人の男が「××税務署です。今から調査を行いたいと思います。 オーナーまたは、責任者の方いらっしゃいますか?」「レジを開けて現金を数えてください」から始まります。

原価率がやたら高い。原価率とは、売上に対する、原価(材料、商品)の率です。低いほうが・・・   

儲かっているお店には、その理由があります。細かいことは抜きにして・・・

いいものは、高くててもいいが、安ければ更にいい。本当に、安いのは・・・・・・

税務申告は納税者自らが行うのが基本なのです。税理士に依頼しなくても違法・・・

明らかに儲かってないお店でも会計事務所に、顧問料を・・・

小さいお店の店長と、これができたらと一緒に開発・・・

Q2 「 windows7 でも使えますか」・・・2

日報を書かなくてもいい方法はあ・・・2, 3, 4

「決算の時の、棚卸とか減価償却とか、わかんないんですが・・・

償却費計算処理購入金額を入力します。

店舗が儲かっているかを、月の途中でもみたい

決算書に添付する、勘定内訳書の手書きが大変だったんだけど

1.衝撃!税務署の推計課税

2 推計課税計算例(参考)

2 推計課税計算例(参考)

推計課税は、帳簿などが整備されてない、または、正確でないと、調査員が判断した場合発生します。例えば、調査の中で、ある月で1ヶ月間に売上もれが40万円見つかったとします。税務署は、それを根拠に、1年間で40万円×12=480万円、そして3年間では480万円×3=1440万円、さらに悪質とみなされた場合は7年間遡れますので、480万円×7=3360万円が売上計上もれと認定されてしまいます。

通常は、税務署は、この金額で修正申\告を提出するように納税者に勧めます。納税者は納得が行かないときは、修正申\告に応じないこともできますが、その場合は税務署側から、更正という手続きが取られます。税務署は、青色申\告者に対しては、更正の際には、更正をする理由を付記しなければなりません。

この理由は、後々、国税不服審判所や裁判までもつれこんだ時に備えて、法的な裏づけがあるものを書かなければなりません。納税者が修正申\告に応じない場合、税務署側は、更正もできずに、何も否認なしで終わる場合も時としてあります。但し、白色申\告の場合は、この理由を付記する必要はありませんので、無茶な推計課税がまかり通る可能\性が結構\あります。

税務署とどう付き合うか、「なんとかごまかしてやろう」という考えは、結局多くの犠牲と、金融機関を含め、信頼を損ない事業継続そのものが、困難になることでしょう。昨今、税務署の対応は、納税者に親切になってきたと言う声が多く聞こえます。また、税務署側からも、迷ったら、早めに、事前に相談してほしいとしています。全国税の相談窓口一覧はこちらからどうぞ、(近くの税務署も見つかります)

http://www.nta.go.jp/shiraberu/sodan/sodanshitsu/9200.htm

【関連記事】
●衝撃!税務署の推計課税